"誰でも無駄毛をなんとか綺麗に処理したいと思うことですが、実際に正しい脱毛をすることが出来ているでしょうか?
正しい脱毛の基本は、綺麗にそして傷を付けること無く処理をしていくことであり、そこから応用をしていくのです。毛抜きは男女問わずに多くの人が脱毛の手段として実践していることでしょう。
ただし毛抜きでの脱毛は、注意をすることがいくつかありますので、実践前に必ず覚えておきましょう。

 

カミソリと比べると、毛抜きというのは毛根から抜けることもありますので、次に生えてくるまで時間がかかります。
毛抜きでは無駄毛を一本づつしか処理することが出来ないので長時間かかりますし、何よりも炎症を引き起こしてしまうこともあるのです。

 

毛抜きで抜いたことがある人の多くが経験をされているかと思いますが、途中で切れてしまうと、毛の先がとがってしまうことがあります。
その結果毛穴ではない皮膚を貫通して埋没してしまうこともありますのでご注意ください。"



お肌に危険な毛抜きで無駄毛処理ブログ:02-8-2020

ぐっどいぶにんぐー

ダイエットを実現するためには…
「摂取するカロリーを減らす」か「消費するカロリーを増やす」
いたってシンプルですね。

摂取するカロリーを減らすのなら、食べる量を減らすことです。
食べる量が少なくなれば、やせます。
一方、消費するカロリーを増やすのなら、トレーニングをすることです。
トレーニング量を増やすことで、カロリーの燃焼量も増え、やせることができます。

読者様は、どちらの方法を選びますか?

ここに「人間のさが」とも言うべき本音が出てきます。
本来、人間は怠け者です。
楽をしたいと思う生き物です。

ですから、ダイエットをするときにも楽をしたいと思い、
「食べる量を減らすダイエット」を
選択してしまいがちなのです。

もちろん食べ過ぎているのなら、
食事量を制限する必要はあります。
食べる量が適正でなければ、ダイエットの成功は難しいですからね。

しかしダイエットを、
「食べない」という方法だけに頼っている人は要注意です。

やせようと思うなら、必ず「トレーニング」が必要です。
よく動くことで、筋力がアップします。
筋力と体力を増やすことにつながります。

これはどういうことかというと、
長丁場の勉強を乗り越えたり、大きな仕事を乗り越える
土台をつくるということです。

また筋肉量が増えれば、
エネルギーの燃焼を高めるための基礎代謝量を増やすことにもつながります。

すると、
活力あふれる体になるだけでなく、
太りにくい体にもなるのです。

急に激しいトレーニングをしたときは、
一時的に「筋肉痛」というデメリットがありますが、
それ以外にこれという大きな弊害は見当たりません。

食べないダイエットだけでやせようとしないことです。
必ずトレーニングを取り入れるようにしましょう。

――――――以上を持ちまして今日の報告は終了です。